危険!睡眠薬遊びの恐ろしさを知ろう

睡眠薬はその作用からなかなか寝つけない、途中で目が覚めてしまうなどといった睡眠障害を改善するために服用する薬です。

しかし最近ではそんな睡眠薬を遊びで使用する人が増えてきています。
睡眠薬は医師など専門知識のある人の指導が必要な医療用医薬品であるため、その使用には十分に注意を払わなければなりません。

睡眠薬を睡眠薬以外の用途で服用するとどのような危険があるのでしょうか。

「睡眠薬遊び」で逮捕!?

手錠をかけられた男性の図

”睡眠薬遊び”「粉々にして飲めばハイ」「1錠100円で買った」…専門家は規制強化求める
引用:産経WEST

18歳の少年が物損事故を起こして逮捕されました。
通常こういった交通事故で逮捕されることはありませんが、この時少年は睡眠薬を服用しハイ状態になっていたため、道路交通法違反(過労運転等)容疑により逮捕されたのです。

逮捕された少年と同乗していた少年はハイになるために睡眠薬を購入し砕いて服用していました。
こうした睡眠薬遊びは一部の若者の間で流行っており、快楽欲しさに簡単に服用していることも。

しかし睡眠薬というのは医師からの処方が必要な極めて取り扱いが難しい薬です。
遊び目的で服用してしまうと、事故または事件を起こしたり巻き込まれたりする可能性があります。

睡眠薬でなぜラリる?睡眠薬遊びが起こるワケ

睡眠薬は眠気を誘う作用のある薬。
しかしなぜ睡眠薬の作用とはま逆とも思われる興奮状態が起こるのでしょうか。
それには睡眠薬の効く仕組みが関わっています。

一般的に手に入る睡眠薬のほとんどが、脳の伝達物質に作用して効果をあらわします。
脳内伝達物質に睡眠薬が作用したあとは、脳がリラックス状態となり眠気が出現。
通常だとそこで眠りにつくのですが、ここで眠気に抵抗して起きていると脳が飲酒した時と同じ酩酊状態となります

酩酊状態になるとまともに歩けなかったり記憶があいまいになったりするうえ、体がふわふわした感覚になったり、理性がなくなるため気が大きくなったりするのです。

面白半分、遊び半分で睡眠薬を服用してしまうと正常な判断ができなくなってしまい、事故や事件を起こしてしまうのです。

正しい使用でも事故が起きる!?睡眠薬、服用したら車に乗るな!

遊び半分ではなく、きちんと睡眠薬を睡眠薬として使用していても、事故や事件を起こしてしまうことがあります。
某有名人が睡眠薬とアレルギー薬を同時に服用し、運転をして起こした事故を覚えているでしょうか。

睡眠薬は種類によって作用時間に違いはありますが、効果の発現時間にさほど変化はなく、服用したのち徐々に眠気が出てきたり突然眠くなったりして、15~60分ほどで効果が得られます

ということは、早い時で服用してすぐ眠気があらわれるため、そういった状態で車を運転してしまうと事故を起こしてしまうことは容易く判断できます。
睡眠薬の服用後は運転をはじめ体を動かすことはせず、すぐ布団に入るようにしましょう。

睡眠薬の正しい服用方法

水と薬

睡眠薬は即効性があり、脳に直接作用する薬です。
そのため服用方法や用途を誤ってしまうと、命を危険にさらしてしまうことになりかねません。
睡眠薬の正しい服用方法を確認し、服用するようにしましょう。

・定められた服用量を守る
・服用後はすぐに横になる
・お酒と一緒に服用しない

睡眠薬の種類ごとに1度に服用できる量が決まっています。定められた量の範囲内で服用を行い、多く服用しないようにしましょう。

服用後すぐに眠気が出てきたり、突然眠くなったりします。危険な目に合わないためにも、服用後はすぐに横になりましょう。

睡眠薬とお酒を一緒に服用してしまうと、副作用が強く出てしまいます。お酒を飲むなら睡眠薬は服用しない、睡眠薬を服用するならお酒は飲まないようにしましょう。

知らずに睡眠薬を服用してるかも?怖い「デートレイプドラッグ」

口と胸元を抑えている女性

睡眠薬を盛られて気づいたらホテルにいた、などといった話を聞いたことはないでしょうか。
最近こういった犯罪が多く起こっており、その際に使用される睡眠薬などはデートレイプドラッグと呼ばれています。

睡眠薬入り酒飲ませ女性に乱暴 容疑で昭和大医師ら2人逮捕
引用:産経新聞

睡眠薬飲ませて性的暴行の疑い 三菱UFJ元行員を逮捕
引用:朝日新聞

夫婦間でもレイプ・ドラッグ 手料理に睡眠薬が
引用:NHK NEWS WEB

3つの事件は加害者男性と被害者女性の関係に違いがありながらも、共通して口にするものに睡眠薬が盛られていました

デートレイプドラッグ被害は被害者が見ていない間に薬を盛り、それを口にした後に意識がもうろうとしている中、乱暴が行われます。
自分の意識外で犯罪に巻き込まれ、気がついた時には終わった後である場合がほとんど。

もし被害に気づいたもしくは被害にあった疑いがある場合は、警察もしくは専門の相談窓口で相談するようにしましょう。
体内に入った睡眠薬は数時間~3日程度で体外へと排出されます。
被害にあったあとはつらいと思いますが、証拠を残しておくためできるだけ早く相談してください。

デートレイプドラッグ被害からの自己防衛方法

デートレイプドラッグ被害にあわないためには、自分で自分を守るしかありません。

●すべて飲みほしてから席を立つ
●他人から出されたものは食べない・飲まない

デートレイプドラッグの特徴は目を離したときに睡眠薬を盛られるという点。

そのため席を立つ時はすべて飲みほしてからにするか、立ったあとは新しい飲み物に取りかえるようにしましょう。
また酔い止めといって睡眠薬を渡してきたりする場合もあります。他人から渡されたものは決して口にしないようにしましょう。

睡眠薬を使用して相手を眠らせるという行為はデートレイプ以外にも、強盗や暴行の際にも行われます。
そのため男女問わず、意図しない睡眠薬の服用には注意が必要です。

睡眠薬は睡眠薬として服用するべき!

寝ている女性

自発的に服用する睡眠薬遊び、睡眠薬を服用させられ乱暴されるデートレイプドラッグ被害。
どれも犯罪に繋がるような睡眠薬の使用をしています。

睡眠薬を遊びまたは自分の快楽のために使用すると周りを不幸にしてしまいます。
睡眠薬は睡眠薬としてきちんと睡眠障害の改善に使用しましょう。