睡眠薬NG?妊娠中の不眠はどう解消する?

妊娠中は様々な身体の変化によって不眠・過眠など睡眠障害を起こしやすくなります。

今回フォーカスするのは妊婦の不眠について。もともと不眠症を患っている人や、妊娠中に眠れなくなってしまった人などは、症状を改善するために睡眠薬を服用してもよいのでしょうか?

妊婦と不眠、睡眠薬の関係について紐解いていきましょう。

妊娠中に陥る不眠の原因って?

妊娠中に陥る不眠の原因って?

不眠症状が起こりやすくなるのは妊娠中期~後期。妊娠初期は眠気をもたらす女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の分泌が増え、むしろ過眠の傾向が見られます。

中期に差し掛かると「エストロゲン」の分泌が増加。エストロゲンは睡眠を浅くする作用もあるため、不眠の原因を作ります。

また中期~後期にかけて、身体の変化によって起こる「血行不良」「栄養不足」「骨盤のゆがみ」などが原因で、こむら返りが生じやすくなるでしょう。就寝中でも足がつってしまうため、驚いて起きてしまいます。

お腹が大きくなってくると、膀胱が圧迫されて頻尿に。夜間の頻尿は睡眠の妨げとなってしまいます。就寝中の胎動も大きくなってくるため、なかなか熟睡しにくくなります。

妊婦が不眠症状を改善するには?

妊婦が不眠症状を改善するには?

夜眠れずに、「赤ちゃんに影響があるのでは」と心配するあまり、それがプレッシャーとなり余計に寝付けない場合もあります。
しかし母親が睡眠不足でも、胎児への影響は少ないと考えられているため、過度に心配する必要はありません。
眠らなきゃいけないという焦りから、余計に不眠を招いてしまいます。気楽に過ごすようにしましょう。

その他、寝付きをよくするためのポイントは以下の通り。

1.毎日決まった時間に起き、朝日を浴びる
人間は朝日を浴びる事で体内時計がリセットされます。体内時計が動き出してから夜に近付くにつれ、睡眠ホルモンが分泌される事で自然に眠気が起きるようになっているのです。
毎日決まった時間に起き、太陽の光を浴びて体内時計を整え

2.寝る前に入浴をする
就寝前にぬるめのお湯で入浴は睡眠の質を高めます。ゆっくりとお湯につかると、心身のリラックスをもたらす副交感神経が活発になるためです。
入浴で体温が上昇し、また体温が下がっていく際に眠りやすくなります。

3.適度な運動を
ストレッチなどの軽い運動を行なえば、心地よい疲労感が出て入眠しやすくなります。日中や寝る2~3時間前に行なってみましょう。

妊娠中は睡眠薬を服用できない?

妊娠中は睡眠薬を服用できない?

上で紹介している方法でも眠れない場合、睡眠薬に頼りたいという気持ちも出てくるかもしれません。

基本的に妊娠中は胎児への影響を考えて、薬の服用はむやみに行なってはいけません。
睡眠薬の場合、妊婦が服用すると催奇形性のリスクを高める可能性があります。

しかし不眠症の症状により、母体や胎児への影響が考えられる場合は睡眠薬が使用される場合も。

妊娠中に睡眠薬を服用する場合は、必ず主治医に確認し服用期間や用量をしっかり守った上で行ないます。

睡眠サプリメントを試してみるのもアリ

妊娠中の睡眠薬は最終手段。薬を服用するまえに、寝つきを良くするためのサプリメントであれば、気軽に試すことができます。
サプリメントでも、天然成分から作られているものであればさらに安心です。
サプリメントの場合、薬のように即効性はありません。続けて摂取する事で効果を実感できますが、効き目の具合には個人差があることも頭に入れておきましょう。