【ジェネリック】海外通販で人気のハイプナイトってどんな睡眠薬?

海外通販の魅力は、日本では販売されていない睡眠薬が買えるところ。
通販で買える睡眠薬の中でも、ハイプナイトは人気も知名度もバツグン。

ハイプナイトってどんな働きがある?
どうして日本では売っていないの?

ハイプナイトについて疑問を解消して、便利な通販にトライしましょう。

ハイプナイト【入眠効果・高】寝つきを改善したい人に!

ハイプナイトはどんな薬なのか
ハイプナイトが選ばれる理由は、入眠作用の高さにあります。

服用して15~30分ほどで眠気が訪れるので、「眠りたいのに眠れない」というツライ時間を過ごしてきた人にとっては最適な睡眠薬です。

有効成分のキレがよく、翌朝の目覚めもスッキリ。
だるさや眠気を引きずることがほとんどないので、日中のパフォーマンスに支障をきたすこともありません。
早く効いて翌日も快適!これがハイプナイトの人気の秘訣なんですね。

ルネスタのジェネリック医薬品だから安心・安全

ハイプナイトは、ルネスタジェネリック医薬品として作られました。

ルネスタは日本の不眠症治療の現場でも広く用いられている睡眠薬。
優れた入眠効果と安全性の高さから、はじめて使う睡眠薬として選ばれることが多いという特徴があります。

しかし日本では、まだジェネリックの製造・販売が始まっていません。
ハイプナイトは、ジェネリックの開発がさかんなインドのConsern Pharma (コンサーン・ファーマ)社製。
ルネスタのジェネリックはほかにも展開されていて、サンファーマ社製のフルナイトやロイドラボラトリーズ社によるエスゾピックといった商品もあります。

商品名 ハイプナイト フルナイト エスゾピック
製薬会社 コンサーン・ファーマ サンファーマ ロイドラボラトリーズ
バリエーション 1mg、2mg、3mg 2mg 2mg、3mg
特徴 乳白色、円形の錠剤 水色、円形の錠剤 白い円形の錠剤

ハイプナイトはほかのジェネリックと比べて有効成分量のバリエーションが豊富で、体調や体質に合わせて細かく使い分けやすいのが特徴です。

ハイプナイトとハイプロン、似ているようで違う

ハイプナイトと似た名前の睡眠薬にハイプロンがあります。

商品名は似ていますが有効成分はまったく別物で、睡眠薬としての働きも異なります。

ハイプナイト ハイプロン
有効成分 エスゾピック ザレプロン
効き始めるまで 30分前後 15~20分
作用時間 約5時間 1~2時間

ハイプナイトはルネスタのジェネリックなので、有効成分はエスゾピック。
非ベンゾジアゼピン系の超短時間型に分類されています。

対するハイプロンは、ソナタのジェネリックです。
ザレプロンという成分からできていますが、日本では未承認薬。
そのため購入する場合は、海外通販を利用します。

ハイプナイトとハイプロンの大きな違いは、作用時間の長さ。
ハイプロンは即効性が高いものの効果の持続は極端に短く、「寝つきの改善が最優先!」という人には最適ですが睡眠時間を維持したい人には物足りなく感じるかもしれません。

ハイプロンってどんな薬?

ハイプナイトに副作用はある?

ハイプナイトは睡眠薬に慣れていない人でも安心して飲める睡眠薬ですが、副作用のリスクには理解が必要です。
何も知らずに飲んで不調が現れてしまったら、不安になってしまいますよね。

もっとも多くの人が困っている副作用は味覚障害
有効成分が体内で吸収されるにしたがって、口の中に苦味が広がっていきます。
「ちょっと変な味がする」といった人から「苦くて食事もとれない」というケースまで、苦味の感じ方はさまざま。

またハイプナイト服用時には、頭痛や翌日の眠気ふらつきといった影響にも注意が必要です。

小人さん現象に注意!健忘のこわさ

ハイプナイトは効きが早い分、前向性健忘という副作用も出やすいので要注意!
前向性健忘は物忘れのことで、眠りにつくまでのあいだに脳の記憶を司る部分が中途半端に機能してしまうために起こる症状。

眠る直前のことは覚えていないので、翌朝にドキッすることもあるようです。

食べた覚えのないカップラーメンの残骸が・・
放置していたはずの洗濯物が干してある

無自覚な行動なので、自分が眠っているあいだに誰かが何かしでかしているかも?と思いたくなることから、童話の「小人の靴屋」に例えて話すことがあります。
「小人さんが来た!」といった状況は、ハイプナイトを飲み過ぎたときやアルコールと併用したときに起こりやすい症状
知らないうちに行動していることが笑い話で済めばいいですが、外出や運転など危険を伴うケースもあり得るのです。

安全に翌朝を迎えるためにも、用法・用量を守った服用を心がけましょう。