ドリエルは睡眠薬じゃない!?ドラッグストアで買えるのは睡眠改善薬

最近なかなか眠れない・・・そうだ!睡眠薬を買いに行こう!
そう思ってドラッグストアへ行く人もたくさんいるかと思います。

ドラッグストアで購入したその商品、実はそれ、睡眠薬じゃないんです。

ドラッグストアで購入できるものは何なのか、睡眠薬と比べるとどういった違いがあるのかを見ていきましょう。

睡眠薬と睡眠改善薬|眠くなるのにぜんぜん別物!?

睡眠薬と睡眠改善薬の比較

ドラッグストアなどで購入できる睡眠効果のある薬、これらは睡眠改善薬と呼ばれています。

睡眠薬と睡眠改善薬の大きな違いとしては、慢性的な不眠症を改善するのが睡眠薬一時的な不眠を改善するのが睡眠改善薬、と効果が作用するための不眠期間の度合いが異なります。
また医師から処方してもらうのか、ドラッグストアや通販サイトからでも購入できるのかも違いの1つです。

睡眠薬とは?

睡眠薬とは、慢性的な不眠に悩んでいる人のための薬です。
慢性的な不眠とは寝つきが悪い、途中で目が覚める、予定時間より早く起きてしまう、ぐっすり眠った感じがしないなどといった症状が長期間にわたってみられる不眠のこと。
世間一般では不眠症といいます。

不眠症は病の中の1つ。
そのため治療にはそれなりの薬が必要となります。

不眠症の治療薬でよく使用されるのが「ルネスタ</b>」です。
ルネスタに含まれているエスゾピクロンという有効成分は脳内伝達神経に作用します。
そのため絶大な効果が得られる反面、副作用が出やすく稀に命にかかわる場合も。

このようにハイリスクハイリターンである睡眠薬は基本的に医師による判断が必要であり、病院または薬局から処方してもらいます。

睡眠改善薬とは?

睡眠改善薬とは、一時的な不眠に悩んでいる人のための薬です。
一時的な不眠とは時差ボケや生活の乱れなどによるその時だけの不眠のこと。
生活習慣を見直したり、規則正しい生活を行えば改善することもありますが、今すぐ寝たいという人や早く改善させたいという人には睡眠改善薬の服用がオススメです。

睡眠改善薬の有効成分に使用されているジフェンヒドラミン塩酸塩は、もともと風邪薬や鼻炎薬として使用されていました。
その副作用として眠気があり、それを利用して開発されたのが睡眠改善薬です。

睡眠改善薬は伝達物質の作用を阻害して眠気を誘いますが、安全性が確保されているため、誰でも使用できる一般医薬品に分類され、ドラッグストアや通販からでも購入できるようになっています。

しかし1つ注意してほしいのが、安全だからといって長期的な服用をしてはいけないということ。
有効成分のジフェンヒドラミンに対する耐性ははやく作られてしまいます。そのため連続しての服用は2~3回までとされており、長期的な服用は依存性を考え禁止とされています。

ドラッグストアで買える睡眠改善薬!

ドラッグストアにある睡眠改善薬

最近眠つきにくい、十分な睡眠が取れていないなどといった一時的な不眠に悩んでいれば、睡眠改善薬の服用がオススメです。

そこでドラッグストアや通販サイトから購入できる睡眠改善薬にはどういったものがあるのか見てみましょう。

ドリエル

ドリエル
EVEやエスタックなどを販売しているエスエス製薬が開発・販売を行っている睡眠改善薬。睡眠改善薬の代表的な薬となっています。
寝付きが悪い・眠りが浅いなどといった一時的な不眠症状を緩和。
錠剤とカプセルの2種類が販売されており、錠剤は1回2錠、カプセルは1回1カプセルを寝る直前に服用します。
2錠と1カプセル中に配合されているジフェンヒドラミン塩酸塩は50mgと同じです。

ネオデイ

ネオデイ
パブロンやリアップなどを販売している大正製薬が開発・販売を行っている睡眠改善薬。
直径7mmの小型の錠剤なので服用しやすいのが特徴です。
就寝前に2錠(50mg)を水またはぬるま湯で服用します。
一般用医薬品といっても弱いながら依存性があるため、長期間の服用は避けるようにしてください。
1度に購入できるのは1箱のみと製薬会社によって定められています。

リポスミン

リポスミン
ビューラックやアダムA錠などを販売している皇漢堂製薬が開発・販売を行っている睡眠改善薬。
Amazon催眠鎮静剤などの売れ筋ランキングNO.1を獲得しています。
ジフェンヒドラミン塩酸塩を含有しており、1回2錠(50mg)を服用します。
15歳以上から服用可能であり、15歳未満や妊婦または授乳中の人は服用をしないでください。

安心して睡眠をとりたいなら睡眠薬を選ぶべし!

不眠症には睡眠薬

ドラッグストアで購入できるのはあくまでも一時的な不眠を改善するための睡眠改善薬です。
慢性的な不眠や睡眠改善薬を服用しても改善されない不眠はもはや不眠症。
不眠症は睡眠改善薬では治せず、それでも服用を続けてしまうと依存症に陥ってしまいます。

不眠症をきちんと治すためにはルネスタハイプナイトエスゾピックなどの睡眠薬を服用しましょう。