睡眠薬とアルコールの併用でよく眠れる?

寝酒という言葉もあるように、適度な飲酒は寝つきをよくしてくれます。
そのため、睡眠障害をお酒で対処してしまう人も少なくありません。
その考え方の延長で、「睡眠薬とアルコールの同時摂取でより睡眠効果が高まるのか?」と疑問に思う人も少なくないようです。
睡眠薬とアルコールの併用について紐解いていきましょう。

睡眠薬とアルコールを一緒に摂取するとよく眠れるの?

睡眠薬とお酒の併用

アルコールは脳の緊張を抑える作用があります。
睡眠薬の怖い副作用は、アルコールのように鎮静作用のあるものと一緒に摂取した場合に大きく現れるためとても危険です。

アルコールと睡眠薬は互いに脳の活動を抑える働きがあるため、薬の作用が増強し、体への負担が大きくなります。
この二つの同時摂取で、言動に抑制がきかなくなる・ふらつき・健忘・呼吸の抑制などのリスクが上がります

睡眠薬の副作用が強く出てしまう

睡眠薬とアルコールの併用で作用が強まると聞くと、睡眠効果が高まると誤解してしまう人もいるようです。
ですが実際は、副作用が強く出てしまうだけでメリットはありません。
お酒と睡眠薬を掛け合わせると、以下の症状が現れます。

おかしな言動
脳の活動を抑えるので抑制がきかなくなり、話しが支離滅裂になる・不可解な行動をとるといった可能性があります。
ふらつき
ふらつきによって起こる転倒で頭をぶつけるなど、大きなケガに発展しかねません。
健忘(物忘れ)
アルコールが体内に残っている状態で睡眠薬を摂取すると、夜中に途中で目覚め、覚醒していた時のできごとを忘れてしまう健忘が現れやすくなります。

眠れるどころか昏睡状態の危険性が!

アルコールは中枢抑制作用があります。
睡眠薬の服用前後でアルコールを摂取すると、脳の働きを過剰に抑制してしまいます。
呼吸困難、最悪は昏睡状態となってしまう可能性があり大変危険です。
よく眠れるどころが、命を危険にさらす事になりかねません。

アルコールはかえって睡眠の質を下げる!

お酒は摂取すると消化器によって吸収されますが、アルコールの一部は脳に達し、脳幹網様体賦活系へ働きかけます。

脳幹網様体賦活系とは?
人を覚醒させる働きがあり、抑制させる事で催眠作用が現れる。

眠りのサイクルには深い眠りのレム睡眠、浅い眠りのノンレム睡眠の2通りがありますが、飲酒量によってサイクルが乱れてしまいます。
アルコールを多く摂取するとレム睡眠が抑制されてしまうため、眠りの質を落としてしまうのです。

アルコールと睡眠薬の併用は絶対禁止!

そもそもアルコールは眠りの質を下げてしまうものでもある上に、睡眠障害を治療するものではありません。
お酒を飲んだら寝つきが良くなるのはその時だけで、実際は脳はきちんとした睡眠状態にありません。
睡眠薬の効果を高めようとお酒との相乗効果を狙っても、危険が増すばかりで決して良い方法とはいえないのです。
アルコールと睡眠薬を併用するのは避けましょう。